インプラント

インプラント治療症例

歯の抜けた部分にインプラントを植え、インプラントが骨としっかりとついた後に、セラミックの白い歯を固定します。
固定式なので、部分入れ歯のように固定用の針金やピンクのプラスチック部分がありませんので、見た目も自然で、しっかりと噛める快適な使用感が得られます。

下の奥歯が抜けた場合のインプラント治療症例

奥歯が抜けた場合は、上の症例のように部分入れ歯を入れるのが一般的ですが、入れ歯には、入れ歯が動いてしっかり噛めない、ピンクのプラスチック部分が邪魔で異物感が強い、バネが見える等の短所があります。

インプラント治療は、人工歯根のインプラントがしっかりと骨と結合した上に固定式のクラウンを入れることで、動くことなく天然歯のような噛み心地と自然な見た目を手に入れることができます。

治療前のイメージ

左下の奥歯4本が抜け、このままではしっかり噛むことができません。

治療後のイメージ

4本のインプラントにより、まるで元あった自分の歯のように噛むことができるようになりました。

治療前のイメージ

左下の奥歯が抜けた部分は、一般的には、針金がついた部分入れ歯で治します。

治療後のイメージ

インプラントにより、部分入れ歯を入れることなく、固定式の歯が入りました。

治療前のイメージ

両側の奥歯が抜けた部分に、針金つきの部分入れ歯が入っています。

治療後のイメージ

矢印部分にインプラントを行い、固定式クラウンで針金もなく、審美性も機能性も回復しました。

治療前のイメージ

歯が抜けた部分は、部分入れ歯か、両側の歯を削りブリッジにするのが、一般的な治療法です。

治療後のイメージ

インプラントを植えることで健全な歯を削ることなく、噛み合わせと審美性が回復しました。

上の奥歯のインプラント治療症例

インプラント治療は、健康な歯を削らずに噛めるようにしたい方に適しています。

歯の抜けた部分に人工歯根のインプラントを植えることで、部分入れ歯を入れたり、ブリッジのように両隣の健康な歯を削ることなくしっかりと噛めるようになります。インプラントの上に固定されたセラミッククラウンにより、失った天然歯が戻ったように見えます。

治療前のイメージ

上の奥歯2本が抜け、下の奥歯の高さも乱れています。これでは、しっかり噛めません。

治療後のイメージ

奥歯の抜けた部分にインプラントを植立。見た目も自然で、しっかり噛めます。

治療前のイメージ

奥歯が抜けています。放置すると、口の中全体の噛み合わせのバランスが崩れます。

治療後のイメージ

矢印部分がインプラントです。真ん中をプラスチックでおおいませんので、異物感がありません。