入れ歯

入れ歯 治療症例

入れ歯には、全部入れ歯(総義歯)と部分入れ歯(部分床義歯)があり、アタッチメントにもさまざまな種類のものがあります。
歯の残存状態によって適正な入れ歯を使用することが重要です。

O-Pアンカーアタッチメントを使用した入れ歯

入れ歯の針金のかかっている歯には、とても大きな負担がかかり、早くだめになってしまう傾向にありますが、次の症例のようにホックの形をしたO-Pアンカーアタッチメントを使用することにより歯を守ることができ、また、入れ歯から針金をなくすことができます。
残っている歯が少ない場合や、ぐらぐら動いている場合には、とても効果的です。上下どちらの入れ歯にも使用できます。

治療前のイメージ

前歯にかける針金が目立ち、上あごをおおうプラスチックが気になります。

治療後のイメージ

プラスチック部分がほとんどなくなり、快適です。針金がなく、入れ歯に見えません。

治療前のイメージ

左右の奥歯が抜けています。一般的な入れ歯は、針金をかけ、前歯の裏側にプラスチックがつきます。

治療後のイメージ

入れ歯には針金はなく、見た目は天然歯のようで、入れ歯には見えません。

治療前のイメージ

ぐらぐら動く歯を抜かずに短くし、ホック(O-Pアンカーアタッチメント)を装着し、入れ歯の安定をはかります。

治療後のイメージ

入れ歯に取り付けられた特殊ラバーがホックにはまり、しっかり噛めるようになります。

磁石式入れ歯

磁石式入れ歯は、針金の代わりに磁石の力で入れ歯を固定します。小さくても磁石の力でピタット吸着し、入れ歯が落ちたり、口の中でガタガタ動くことがありません。残った歯や、インプラントに使用できます。 歯に有害な力が加わると、外れてすぐにまた元に戻るため、O-Pアンカーアタッチメントと同様に歯がグラグラになることや、インプラントを有害な力から守ります。

治療前のイメージ

1本残っていた歯も、歯周病が進み抜くことになり、入れ歯が落ちてしまいます。

治療後のイメージ

インプラントを4本植え、その上に磁性アタッチメントをつけ、入れ歯を装着します。

治療前のイメージ

上の症例の治療前の全部入れ歯です。落ちやすく、しっかり噛むことができません。

治療後のイメージ

落ちたり動くことなく、しっかり噛めます。真ん中を大きくあけることで、異物感がなくなりました。

治療前のイメージ

下の総入れ歯が動いて噛めないので、インプラントを植え、その上に磁性アタッチメントを付けました。

治療後のイメージ

入れ歯の内面に小型の磁石が入っています。磁石がキーパと吸着し、入れ歯が安定します。

治療前のイメージ

歯根やインプラントにつけたキーパと入れ歯につけた小型磁石の吸引力で入れ歯を吸着させます。

治療後のイメージ

キーパは口の中でさびることなく、小型磁石は1個で、10個もの生卵を吊り上げられる力があります。

コーヌスクローネ義歯

コーヌスクローネ義歯は、通常の入れ歯が針金(バネ)を残った歯にかけて口の中に維持するものとは異なり、歯に被せた内冠と入れ歯に取り付けた外冠が茶筒のようにはまることにより、入れ歯を維持・固定します。針金がなく、入れ歯がブリッジのようにしっかり固定されるため違和感がなく、自然でしっかりと噛める入れ歯となります。また、コーヌスクローネ義歯の特徴の一つの、弱った歯の2次固定効果により、歯周病が進行してぐらぐら動く条件の悪い歯も、長期にわたる維持が期待できます。

治療前のイメージ

歯周病で、歯がぐらぐらしてしっかり噛めません。できるだけ歯を抜かない治療を行います。

治療後のイメージ

コーヌスクローネと呼ばれる入れ歯をいれました。まったく入れ歯には見えません。

治療前のイメージ
治療後のイメージ

たくさんの歯が残り問題がないように見える口の中ですが、レントゲン写真を見ると、歯周病が進んで歯根の周りの骨がほとんどないことが分かります。この状態になると、歯はぐらぐら動き、しっかり噛むことができません。

治療前のイメージ

歯を出来るだけ抜かずに、コーヌスクローネ義歯で治しました。自分の歯のようにしっかり噛めます。

治療後のイメージ

入れ歯ですので、口の外に取り出して、清掃ができます。入れ歯には見えない入れ歯です。

その他のアタッチメント応用の入れ歯

次のようなアタッチメントを使用した場合、入れ歯がカチッと精密に固定されてグラグラ動くことがありませんので、自分の歯のようにしっかりと噛むことができます。
また、アタッチメントは入れ歯に内蔵され外から見えることがないため、入れ歯とは分かりません。アタッチメントによりしっかりと入れ歯が固定されるため、入れ歯のピンクの部分(床)を極力小さくすることができるので、入れ歯を入れた際に違和感がなく快適に使用できます。
このようなアタッチメントは、金属でできた雄部と雌部が精密に組み合わされるため、ドクターと技工士に高度なテクニックが要求されます。

治療前のイメージ

左側の奥歯が2本抜けています。歯ぐきの下の骨量が少なく、インプラントには向いていません。

治療後のイメージ

アタッチメントを使用し、針金がなく、まるでブリッジのように見える入れ歯としました。

治療前のイメージ

今回使用したアタッチメントは、入れ歯と天然歯をしっかりと連結固定します。

治療後のイメージ

上の入れ歯を口の外に出した状態です。針金がなく、ピンクの部分も小さく違和感がありません。