審美歯科

審美歯科 治療症例

審美歯科とは、虫歯や抜けた歯の治療等の機能回復だけでなく、より白く、よりきれいな歯並びにと、審美性の回復を併せて行う治療です。
当院では、2007年より軽く、金属アレルギーの心配のない最先端材料「ジルコニア」の特性に着目。オールセラミッククラウン(さし歯)は全てジルコニアボンドで作製し、審美歯科治療に取り組んでいます。

上の前歯の形の改善

症例のように、昔入れたメタルボンドクラウンの裏側の金属の色が気になったり、クラウンの色や形に不満があり、ジルコニアボンドに入れ替える方が増えています。歯の色は一人一人微妙に異なります。当院では、院内の技工士が直接お口の中の歯の色や形をみてデッサンを行い、個々の歯に調和する色と形再現しております。

治療前のイメージ

上の前歯4本の形と色に不満があって、来院されました。歯ぐきの色も良くありません。

治療後のイメージ

ジルコニアボンドを用いて修復しました。色、形とも口の中に調和して、とても気に入っていただけました。

治療前のイメージ

口の中に入れる前のジルコニアボンドです。メタル色は一切見えません。

治療後のイメージ

口の中にセットされたジルコニアボンド。天然歯の持つ色、透明感、形態が再現されています。

治療前のイメージ

金属の上に陶材が焼成されたメタルボンドクラウンが入っていますので、裏側に金属が見えます。

治療後のイメージ

ジルコニアボンドは、金属色が見えず、歯肉の変色や金属アレルギーの心配がありません。

歯ぐきの変色・歯並びの改善

金属を使用するメタルボンドクラウンは、金属イオンの影響で歯ぐきの色が変色することがまれにありました。
金属イオンの流出のないジルコニアの上に専用陶材を焼成したジルコニアボンドは、そのような心配はありません。
正しい咬み合わせと、歯の形態の回復により、歯ぐきは健康となり見た目も若々しくなり、口元に自信が戻ります。

治療前のイメージ

上の真ん中2本のメタルボンドクラウンの形が気になります。歯ぐきの色も少し変色しています。

治療後のイメージ

オールセラミック(ジルコニアボンド)で修復。上下の歯の隙間もなくなり、歯ぐきの色も健康的になりました。

治療前のイメージ

奥歯にも、たくさんのクラウンやインレーが入っていて、金属色が気になります。

治療後のイメージ

奥歯もオールセラミック(ジルコニアボンド)クラウンで修復。歯の裏側・表面に全く金属色は見えません。

治療前のイメージ

左下の奥歯が抜けたままになっています。 右下のブリッジの金属色も気になっています。

治療後のイメージ

オールセラミック(ジルコニアボンド)クラウンで修復。 大きく笑っても自分の歯のように自然に見えます。

治療前のイメージ

ブリッジの金属色が気になります。歯肉の状態も不良で、歯周病の進行が見受けられます。

治療後のイメージ

オールセラミック(ジルコニアボンド)クラウンを用いて修復。歯肉の状態も健康で引き締まっています。

年齢を考齢したオールセラミッククラウン

ジルコニアは、スペースシャトルの外壁にも使用されている軽く、強く、金属アレルギーの心配のない、最先端の材料です。

当院では、ゼノ®テックシステムとプロセラシステムを導入し、専属のオペレーターがコンピューターでフレームデザインを行っています。ジルコニアで作製されたフレームの上に、院内技工士が陶材を焼成し、周りの歯と調和した色と形有したオールセラミッククラウン=ジルコニアボンドを完成させています。

治療前のイメージ

60代後半の男性、左下奥歯が抜けた部分と、前歯の着色が気になって来院されました。

治療後のイメージ

白くきれいなオールセラミッククラウンの表面に、年齢を考慮し、色づけし自然感を出しています。

治療前のイメージ

院内の技工士が、口の中に調和したオールセラミッククラウンを製作します。

治療後のイメージ

裏側からみても、金属はまったくありません。白くみえるのが、ジルコニアです。

治療前のイメージ

治療前の左側写真です。奥歯が3本抜け、上の歯の歯ぐきの状態も良くありません。

治療後のイメージ

上下ともオールセラミッククラウンがセットされ、若々しくきれいな歯が並びました。

インプラントへの応用

オールセラミック(ジルコニアボンド)は、精度の高いスキャナーで、歯の位置関係と形状をを計測し、そのデーターを基にパソコンでフレームのデザインを行いますので、フレームの適合性が良いことも特徴の一つです。また、金属に比べ非常に軽い特性は、インプラントの上にかぶせるクラウンに最適です。

治療前のイメージ

前歯2本、右下の奥歯1本、左下の奥歯3本が抜けてままになっています。銀歯の色が気になります。

治療後のイメージ

オールセラミックのブリッジで機能性・審美製を回復。きれいな歯が並んでいます。

治療前のイメージ

顎の動きを再現する器械(咬合器)を用いて、ジルコニアボンドを製作。

治療後のイメージ

口の中にセットする前のジルコニアボンド。天然歯のような色と形が再現されています。

治療前のイメージ

左下のインプラント部分。ジルコニアフレームが模型に正確に適合されています。

治療後のイメージ

完成したジルコニアボンド。歯ぐきの模型を使用し、口の中に調和する形態を与えます。

治療前のイメージ

軽くて、強度があるジルコニアは、インプラントの上にかぶせるクラウンに最適です。

治療後のイメージ

インプラントの上に装着されたジルコニアボンド機能と審美性が与えられています。